2006年12月

神社のお正月準備

淡路島で一番大きな「伊弉諾(いざなぎ)神宮」に一年間のお礼参りをして来ました。早くもしめ縄が飾られ、もうすっかり新年の装いでした。元旦は、人で埋めつくされるいざなぎさん。昨日は訪れる人もほとんどなく、少し早めのお正月気分を先取りすることができました。
6dddc0ac.jpg


参道は、露天商のお店の準備で、大忙し
49776228.jpg


この寒い中、何やら一生懸命準備している姿・・・将来神職につく皇學館大学の学生さんだそうです。あちこちでお見かけしました。冷たい風が吹く中、何も羽織らず大変です~
c46c9295.jpg


幹が途中で二股に分かれている「夫婦大楠」の前では、若いカップルがじっと大きな楠木を見上げていました。来年もお二人が幸せでありますように!bfb8b3c0.jpg


今年も思い出してみると、いろいろありましたが、一年は早かったですね。年々年末の感覚がだんだん薄れていくのが、ちょっと寂しいですが。来年はどんな年になるのでしょう。行く年、来る年を、大晦日にじっくり味わってみます!


 

ブログのアクセス数が1000(^o^)

今日ちょうど、ブログのアクセス数が1000を突破しました!思えば9月始めに開設してから約4ヶ月。私の知人は、ブログ開設後わずか9ヶ月で、すでに10000に到達したとか!それに比べると、私のはあまりにも可愛い数字ですが・・・

アクセス数は、やはり気になります。アクセスが少ない日が続くと、「最近おもしろくないのかなあ~」とちょっぴり気落ちしたり・・・なぜか突然びっくりするほど増えたり・・・一喜一憂する日もあります落ち込みそんなことに惑わされている自分の小ささに愕然とする日もあります。

それでも、ぼちぼち更新していきます。続けていくことが大事ですから。これからも春の日だまりのように、ほっこりする空間を作っていきたいと思いますチューリップ日々の気づきや私の思いや願いなど、伝えたいことがある限り書き続けていきます。小さな積み重ねですね!

そして、毎日毎日、私のブログを見てくださった皆様に感謝します。どこのどなたかわからないけど、見てくれる方たちがいることに励まされます。年末の忙しい今日も、訪れてくださってありがとうございましたドキドキ大

穏やかな一日

fc3c1229.jpg
昨夜は、毎年恒例の独身美女笑顔3人による忘年会で、夜更けまで大いに盛り上がりました。私の家で、北海道からお取り寄せの蟹鍋を囲み、たわいのない話が続く・・・はずだったのに、そのうちの一人が爆弾発言をして、ますます加熱気味の宴となりましたロケット猫たちも、蟹のお相伴に預かり、とっても満足そうでした♪

今日は、昼過ぎに、両親が眠るお墓にお参りに行きました。途中で雨が降って来ましたが、「狐の嫁入り」の雨だったので太陽すぐ止み、ゆっくりお墓の掃除が出来ました。きれいに掃除をして、花を立て、手を合わせると、不思議に気持ちがスッキリと落ち着きます。父と母、祖父母、曾祖父母に続き、一度も会ったことのない先祖・・・自分が、たくさんの先祖からつながっているのを感じます。自然と感謝の言葉が出てきますにっこり

(父と母は、毎日こんな風景を眺めています)


帰り道、溝のそばに、鮮やかなもみじが落ちているのを発見しました。近くのお庭から、舞い散って来たようです。今年は暖かい冬のせいか、まだまだ秋の欠片が時々姿を表してくれます。


3時ごろ、友達が、神戸で買った、おいしそうなブドウパンを持って訪ねてくれました。ココナッツとスパイスのタイのハーブティーを入れて、のんびりとおしゃべりを楽しみました。彼女の素敵な夢も聞かせてもらい、心がちょっぴり温かくなりました温泉

今日は、久々に、ほっこりと穏やかな一日を過ごしました。少し前まで忙しかったので、よけいにこんな時間のありがたさが身に沁みます。またささやかな幸せを噛み締めましたハート

神様の階段

c183bbfc.jpg

最近、ブログの題名が、微妙に江原さん系だなあ~と思いつつ・・・書いてます。

2,3日前に空を見上げると、こんな素敵な景色が広がっていました。雲の間雲から太陽の光太陽が、スーッと空に向って真っ直ぐ伸びています。雲間から、地上に向って光が差し込む風景は、「天使の階段」あるいは「天使のはしご」と言うそうです天使「天使の階段」は、何度も見たことがありますが、逆のパターンは珍しい!光が天高く伸びているから、「神様の階段」でしょうか~

どちらにしても、私は、冬の日によく現われるこの景色が大好きです。迷いのない透明な光が、どんな人にも平等に届くから日の出

何気なく、空を仰ぎ見る。たったそれだけのことで、神様からささやかな贈り物をもらいました。日常のどこにでも、小さな幸せは眠っています。それを揺り起こすのは、簡単なことですプレゼント大きな幸せも嬉しいけど、日々の小さな幸せを味わうのもいいですね~

鎮魂のクリスマス

4cc9a3d8.jpg

阪神・淡路大震災から12年。神戸の長田区にあった公設市場の防火壁が、淡路島に移設されています。長田周辺が火に包まれたのに、この壁だけが焼け残り、類焼を防いだそうです炎今は震災のモニュメントとして、ひっそりと時を過ごしています。

悲しみと苦しみを最後まで見届け、その記憶を背負って立つ「神戸の壁」。 現実の形として残っている壁から、生き残った私達に重いメッセージが伝わってきます。

21日に終わったルミナリエの鎮魂の光を引き継ぐために、22日から「神戸の壁」をライトアップしていますキラキラ当日は、1分間の黙祷の後、幼稚園児の歌と共に点灯されました。

このささやかな灯火が、志半ばで亡くなられた人々の魂と、残された人々の心に優しく温かく届いてほしいと願わずにはいられませんでした。改めて「私はやるべきことを一歩ずつやって行こう」そう思いました。

今日は、クリスマスイブ木平和な時間の中で、静かな祈りを捧げたくなりました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ