2007年05月

色の不思議な力

9bd720fc.jpg

先日、ある会社に依頼されたカラーセラピーのイベントが、無事に終わりました。18日のブログで、つい不安と自信のなさが入り混じった本音を暴露してしまいましたが・・・ブタ

あれから少しずつ本来の私を思い出すことができました。そしてセラピストとしてしっかりお客様と関わっていこう!と心に決めました太陽

当日は、何と16人に20分ずつ連続のセラピーでした。カラーセラピーとは、選ぶ色が、その人の今の心理状態を表します。改めて色が持つ不思議な力、率直さに感動しましたハート色はいろいろなメッセージを伝えてくれます。

カラーセラピーの基本色は、光を作る「虹の6色」の赤・オレンジ・黄・緑・青・紫です。どんな辛い状況にあっても、人は一筋の希望の光電球に向って進んで行く可能性を持っています。過去は変えられないけれど、現在の思いが未来を作っていくのです。

私は、それぞれの色が語る言葉を、ただ物語っていくだけです。10人いたら10人の大切な人生があります。その人が今まで歩んできた人生を色が教えてくれるのです。辛い悲しい日々を乗り越えて、今があることも教えてくれます日の出

「最近頑張り過ぎているから、ちょっと一休みしようよ」「今人間関係で悩んでいるの」こんな言葉が聞こえてくる時もあります。自分で無意識に選んだ色が、解決方法を伝えてくれる場合もあります。

カラーセラピーでは、最後に未来の色を選んでいただきます。不思議なことに、自分の悩みに対して、未来の色からメッセージを受けた方が何人もいらっしゃいました。自ら選ぶ色が、答えを知っているのです。と言うことは、やはり自分の心の中に答えが宿っているのではないでしょうかキラキラ色を通じて、その答えを引き出していくことが、私の大事な仕事かもしれません。

16人のセラピーが終わった後、頭はパンパン状態ダメさすがに疲れましたが、皆さんに喜んでいただいたことが、嬉しく、これからも色のメッセージを伝えていきたいと思いました。心の通訳ですね。。。







何のために、そこにいるの?

b30669e9.jpg

ここ1ヶ月、クリスタルボウル・ヒーリングやマザサポの講座のサポート、自分が関わるイベントなどで、ホッと落ち着く暇のない毎日です走る

イベントの準備では、仲間の間で思わぬことが起こり、その調整に追われていました。感情的な一言は、忘れられないほど心が痛みます悲しい怒りと言うより、ただ悲しい・・・

そんな中、知人からカラーセラピーの仕事が入りました。ある企業でイベントの一環として、お客さんにセラピーをするというものです。20人近くに、カラーセラピーをする事になりました。今まで一度にそんなたくさんの人達に、セラピーをした経験はありません。

ううう・・・不安が頭をかすめます雲自信が~~~消えていく~~~どうしよう・・・でもやりたいしハート

心の整理がつかないまま怒涛のような日々を送り、19日、20日は、マザサポの講座のサポートをしに神戸まで出かけました。そこで、またもや意気消沈。全然わかっていない自分を見てしまいました。「あんなこと言わなきゃ良かった」「私は何もサポートできなかったのではないか?」

家に帰ってから2日間ほどは、思い出しては自己嫌悪でしたすいませんカラーセラピーもあるのに、落ち込んではいられないと思いながら、心にシュワシュワと波風が立ち続けました。

心のざわめきが治まらないまま、コーチングを学ぶ日を迎えました。「今自信が消えて、心ももやもやしているけど、ちゃんと立ってみたい」こんなテーマで、皆から質問を受けました。温かい承認の言葉に心が熱くなり太陽最後に私の心にこんな言葉がふっと浮かんできました。

「何のために、私はそこにいるのだろう?」 ”立つ”というより、大きな木木のように、ただそこに”いる”感覚が私は好きです。私が存在するのは、人を温かく見守り励まし続けたいからです。やっぱり、それしかないのです!カラーセラピーでもマザサポでもコーチングでも!

昨日国道を車で走っていて、このお地蔵さんがパッと目に飛び込んで来ました。小さなお地蔵さんは、辛い時、悲しい時でも、さり気なく心を和ませてくれます。希望も与えてくれます朝日こんな大きな存在になりたいなあ~~

春の庭

バタバタと忙しい日々を送っている間に、我が家の庭には、春がいっぱい訪れていましたプレゼント
64559498.jpg

3月25日のブログで紹介した「生まれたての赤ちゃん」が、こんなに大きく立派に成長しました。まだ若葉が初々しいです。

6dca06cc.jpg

白い花にらが咲き誇っていました。細長い葉っぱは、まるで本物のニラのような匂いがします。左から右に順番に3つの花が咲いたようです。若い花ほど、真ん中の青い線が美しく、黄色いめしべもしっかりしています。

何だか人間と同じですね~だんだん年を重ね、左の花のように、青い線が柔らかく優しくなっていくのでしょうか・・・

d09d606d.jpg

去年の秋に買った「もっこうバラ」です。淡い黄色の3センチくらいの可愛い花がたくさん咲きました。

1a0b6d5d.jpg

今週、今年で2年目のバラバラが咲き始めました。我が家に来て初めての去年の春は、咲きかけた頃にすぐ虫がついてしまって、こんなに美しく咲くことはありませんでした。

今年も無理かな・・・と思ってただけに、喜びもひとしおです。やはりバラには華がありますね。

5ddf9dc9.jpg

これは友達の家に咲いた藤の花です。家を新築した時に、苗字に「藤」がつくから記念に藤を植えたそうです。10数年かけて、見事な藤棚になりました。

ただ花の蜜を狙って、ダンゴ蜂がブンブン飛んでいたのには参りました困った藤の蜜は、とっておきのご馳走なのでしょうねドキドキ大

クリスタルボウルの贈り物・・・その3

最近クリスタルボウルのお話が続きますね~またか・・・と思われるかも知れませんが、もうちょっとお付き合いくださいね笑い
63b25b95.jpg

宿泊所のログハウスのすぐ隣に、ウバメガシの林があります。朝の苦手な私もこの時ばかりは、少し早起きして、林の中を散歩してみました。時折ウグイスの声が響くだけで、静かな世界です。冷たい澄み切った空気の中で、朝の光が柔らかく届きます。とても心地よい朝でした朝日

このログハウスは、不思議なところです。朝日が昇るのと、夕日が沈む風景の両方を見ることができるのです拍手ログハウスの2階の小窓から、朝日が山陰から昇る様子が見えます。同じ場所から、朝日と夕日が見られる所なんて、普通あまりありませんよね~(優子さん談)私は宵っ張りなので、早起きは苦手・・・残念ながら、朝日は見ることができませんでした。

でも夕日は、しっかり見ました!!
cfdaa969.jpg

ログハウスから見た春の夕日です夕日左端に風車が小さく見えます。夕日に照らされて、キラキラ光っている海が美しいキラキラ

こうして、今年も無事にクリスタルボウル・ヒーリングも終わりました。母なる海に抱かれたような安らぎと、大地の深い揺らぎを感じさせてくれたクリスタルボウルの響き。そして、優子さんと私の新たなスタートを促してくれたクリスタルボウル。

また来年、ここで牧野さんやクリスタルボウルとの再会を願っています。私達もいろいろなことを学びながら、充実した日々を過ごしたいと思います。少しずつ背負っているものを手放しながら、自由に羽ばたいていくためにクローバー

クリスタルボウルの贈り物・・・その2

5月5日に引き続き、クリスタルボウル・ヒーリングについてのお話です。
今日は、げんちゃん(猫)の物語。。。
ddcfa5f3.jpg

これは、牧野さんの新しいCD「睡眠浴」です。気持ち良さそうに寝ている猫猫の写真に癒されます。なぜ猫ちゃんのジャケットになったかと言うと・・・最初は、誰でも知っているアイドルマイクの写真にする予定だったとか。ところがスケジュールが合わず、没になったそうです。

そして、浮上したのが、CDのプロデューサー磯田さんが飼っていらっしゃった、今は亡き猫の「げんきち君」です。私も猫が大好きで、家にも2匹飼っているので、人事とは思えず、げんちゃんの話に聞き入ってしまいました悲しい

げんちゃんは、磯田さんご夫婦にわが子のように可愛がられ、天寿をまっとうし、22才で亡くなりました。普通のご飯ごはんが食べられなくなったげんちゃんのために、磯田さんは2時間もかけて、好物を買いに行ったそうです。命日は、去年の12月8日・・・ジョン・レノンの命日と同じです。

猫の22才と言えば、人間の100才を軽く越えています!げんちゃんの兄弟は、まだ元気だそうです。長命の猫系なのですね。

最初のCD「倍音浴」を録音した時も、げんちゃんは、いつもそばで見守ってくれていました。「今回は、げんちゃんの姿はなく寂しかった」と、牧野さんがつぶやきました。きっと天国天使で、げんちゃんは「睡眠浴」を聞きながら、このジャケットのように居眠りしていることでしょうキラキラ

ちなみに、「睡眠浴」の最初の曲「未知への扉」は、「げんちゃんに捧げる曲」です。こんな素敵な曲をプレゼントされるなんて、猫みょうりにつきますね。ジャケットの中で永遠に生き続ける☆げんちゃん!安らかに・・・


67e86f3a.jpg

しばし優子さんのティータイム。。。
クリスタルボウル・ヒーリングにいらしたお客様に、味わっていただいた中国茶とお菓子です。ハスの実と、マスカットの干しぶどう、ゴマをまぶしたお菓子ですりんごどれも上品な甘さでおいしかったですよ。桃の花の茶器も可愛い~~
afbd8b96.jpg

この日のために優子さんは、神戸の南京町で、中国茶の入れ方を教わってきたそうです。これは、蓋をずらして飲む「八宝菊花茶」です。私はお茶を飲むのは大好きですが、自分で入れるのは苦手ダメ優子さんのおかげで、皆さんに喜んで頂けました。ありがとう!

お茶の中身は、菊花・緑茶・干しブドウ・ナツメ、クコ、氷砂糖など、健康にいいものがいろいろ入っていますまる小さな茶碗に八宝茶を入れ、湯をそそぎ、何度でもお代わりができます。体がほっこり暖まりました太陽

普段こんなにゆっくりお茶を味わう暇などないのですが、この時ばかりは優雅なティータイムを楽しめました。皆さん、お茶をお代わりしながら、お話が弾みました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ