2007年09月

秋の足音が聞こえた1日

ここ数日、ようやく涼しげな秋の風が吹くようになりましたね。9月の平均気温は8月の平均気温より0.1度高くて、30度を超えているそうです太陽暑いはずですね~これも地球温暖化のせいでしょうか。

残暑ひまわりが長引き、秋の気配がどこにも感じられない・・・と思っていたけれど、自然は、かすかな足音を立てながら次の季節へと向っていました。今日1日、秋の訪れを追ってみました走る

お彼岸の頃に突然姿を表す彼岸花。今年も真っ赤な花を至る所で咲かせていました。秋ですね!毎年見事にお彼岸の時期に咲きます。何でお彼岸の時期がわかるのかな?不思議鳥
eeb65d0f.jpg


きれいに稲が刈り取られた田んぼです。まだ稲刈りが済んでいない所もありますが、今あちこちで稲刈り中です。
3a344daf.jpg


今日は、まさに秋の空!秋の雲でした。小さくちぎった綿のような雲が空一面に浮かび、思わず見とれてしまいました拍手
710083d4.jpg


小さな秋の1日が終わる黄昏時・・・感動的な夕暮れです夕日
d17f112f.jpg


そして日が落ち、月が昇り始めました月雲によって、少しさえぎられていたけれど、満月に近いまん丸のお月様がポッカリ浮かんでいました。真っ暗な夜の海に煌々と静かに微笑んでいました。
8e013c80.jpg


今日も何事もなく、平穏無事な1日が終わりつつあります。忙しい日々の中で、ほんの少し自然の贈り物に出会えた今日は、とても心温まる嬉しい1日です。さあ~明日も頑張ろう日の出

飲茶&クルージング

夏の終わり、クリスタルボウルユニット「花音」の相棒・優子さんと、非日常の世界をちょっぴり楽しんできました笑い
神戸港から出ている「コンチェルト」号に乗り、優雅なティークルーズを体験しました。飲茶をいただきながら、神戸港から明石大橋までの往復1間半の船旅です船

ちなみに料金は、乗船料2、100円。飲茶は別料金で、2,000円でしたOK
コンチェルト号は大きすぎて、船体の全景が入らず、こんな姿で失礼すいません定員604名で満席!超人気でした。
be3478c9.jpg


船内はこんな様子でした。ぐるりと円形の窓があり、そこから海の眺めが広がっています。普通のレストランって感じです料理
33769936.jpg


フルートとピアノの生演奏を聴きながら、気分も盛り上がります。
0f8a5937.jpg



待ってましたハート「花茶&飲茶デザートセット」の登場です。まずは、点心。香港出身の有名なシェフが作っているそうです。ぷりぷりの海老とニラの餃子が絶品でした!
d42e4cf5.jpg



ゴマが香ばしくて、揚げたての餡入り団子がおいしかったですね~
エッグタルトも、もう少し食べたかったなあ~
8a41892c.jpg


デザートは、仙草ゼリー。黒い寒天みたいでした。仙草とは、中国、台湾で自生するシソ科の植物で、暑気払い・のどの渇き・便秘・筋肉や関節痛に効果があるそうです。
98265857.jpg



最後は、中国茶・開花富貴です。硬く閉じていた茶葉が時間と共に、ゆっくりゆっくり菊の花のように開いていく瞬間を待つゆるやかな時間・・・
おしゃべりしながら「まだかしら?」と待ち遠しいひと時です温泉
35eaee4f.jpg


ティータイムの後は晴れていたので太陽デッキで一休み。まだ残暑の日差しが眩しかったのですが、ほとんど揺れることもなく、キラキラ光る青い海をしばらく眺めていました。

「ここでクリスタルボウルを鳴らしてみたいわ~」と優子さんは呟きました電球床はウッドデッキだし、快適な広さといい、確かに理想的かもしれない。静かな海の真ん中、自然の風の中で、クリスタルボウルの響きはどう聞こえるのだろう?この床に寝転んで、果てしない空と海を感じながら、クリスタルの倍音を楽しむ譜面

「明石大橋に向って、真っ赤な夕日が沈む夕暮れ時が最高ね!」二人の間でどんどん夢が広がります。心が躍ります。
c2895ae6.jpg


クルージングが終わって、淡路島へ帰る途中、バスの中で見た明石大橋からの落日です夕日こんな雄大な自然の贈り物と、クリスタルボウルの響きが共鳴する瞬間に、いつか出会えると思うと嬉しいですね~

そのためには、無理せず、あるがまま日常を大切に深く味わいながら、今まで通り生きていくことかなと思います。それに、こうして実際に演奏してみたい場所を二人で体感して、思い描くことも夢に近づく一歩かもしれません。

そのうちにクリスタルボウルが私達をご招待してくれるかもね☆
期待していますプレゼント
86d5f57a.jpg




終わりのない旅

72fe1265.jpg

マザーズサポーターの「自立型支援方法」リボン
今や私にとって一番重要であり、大事な活動となりました。思えば、ここ数年コーチングから始まり、カラーセラピー、フラワーエッセンスハイビスカスなど、いろいろ学んできました。

私は何をしたいのか?迷う時期もありました。何か足りないのでは?そう思った時期もありました困った

さまざまな学びを経た今、自立に向うための支援をしたい!その思いが大地のように、静かに揺るぎなく横たわっていることに気がつきました。すべて、そこから始まっているのです朝日

自立とは、自らの人生や仕事において「自分が選択している」という意識があり、その選択に責任を持っていることです。たとえどんなに辛い苦しい状況であっても、「今私は、それを選んでいる」と意識するだけでも、心がふっと軽くなるときがあります温泉

自分の選択に責任を持って、誰のものでもない、自分の人生のハンドル車を握って生きること。

確かにしんどい時もあります。自立を学べば学ぶほど、自立できていない自分が見えてきます。でも、自分はちゃんとできている!そう思った瞬間、学びの進化が止まる気がしますはさみ

人それぞれに学び方は無数にあります。たとえばどこか山の頂上を目指して、必死に登るやり方もあるでしょう。

私の学びの旅は終わりのない旅です。もしかしたら目指すものは、とうてい手の届かない雲の上雲であっても、夜空にきらめく星月であってもいいのかもしれない。私にとって大切なのは、到達することより、目指し続けることかもしれない。

そして、小さな小さな手ごたえを感じながら、壮大な願いに向って、一歩ずつ歩み続ける旅を続けたいと思うのです。疲れたら、ゆっくり海を眺め、一休みしながらまた立ち上がる足跡私の命の灯が消えるまで、そんな学びの旅を続けられたら最高に幸せかな~~ラブ

そのためには、まず心と体の健康ですね~
ううっ・・・最近記憶力と体力ともに減退気味です・・・
気をつけねば汗ねば!

●マザーズサポーター協会
http://supporter.web.infoseek.co.jp/

音をいただく♪

c3c2a471.jpg


重要無形文化財保持者に認定されている、「志村ふくみ」さんという染織家がいらっしゃいます。志村さんは、エッセイストでもあり、自然と植物の美しさと厳しさの中で育んだ日々の思いを、感性豊かに書かれています。

「色を奏でる」というエッセイの中に、こんな文章があります本

「色をいただく。。。ある人が、こういう色を染めたいと思って、この草木とこの草木をかけあわせてみたが、その色にならなかった。本に書いてあるとおりにしたのに、という困った

私は順序が逆だと思う。草木がすでに抱いている色を私たちはいただくのであるから。どんな色が出るか、それは草木まかせである。ただ私たちは草木の持っている色をできるだけ損なわずに、こちら側に宿すのである。」

ハッとしました電球
私がクリスタルボウルを奏でる時と同じ感覚だからです。正確な楽譜があるわけでもなく、二度と同じ音を鳴らすこともできません。ただその時、クリスタルボウルの波長と共に響きあい、受け止めていくのです。私自身の心の響きとクリスタルボウルが調和していないと、なかなか心地よく流れていきません大波

まさにクリスタルボウルから音をいただく。。。のです。私が自ら鳴らしているというより、クリスタルボウルが私の腕を通して、さまざまな音を伝えてくれる譜面

最近やっと、そんな気持ちになりつつあります。以前は私がクリスタルボウルを叩き音を出している。そう思っていました。その時は、自分が中心で、ほんとうの音が聞こえていませんでした。。クリスタルボウルの言葉・響きに任せると、体と心の深いところに音が届くように変わった気がしますプレゼント
私とクリスタルボウルが共に作り出している世界です。

こうして、クリスタルボウルを月に1・2度、優子さんと奏でるようになって、少しずつですが、二人の音をいただけるようになって来ました。さらに深く響く音に巡り会えるように、また来月も楽しみましょう!

1日体験セミナー こころ塾

私が活動している、マザーズサポーターによるセミナーのお知らせです笑顔
もしご興味がありましたら、お気軽に覗いてくださいませ。
私もマザーズサポーターとして参加しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       マザーズサポーター 
      1日体験セミナー
        「こころ塾」
ハート
ab99fe1b.jpg

マザーズサポーターが目指すのは、個人の自立と組織の自立。
その自立を促すために、私たちが基本にしているものが、自立を促す14の習慣「自立型支援方法」です。

こころ塾を通して、この「自立型支援方法」に触れながら、自分の仕事、役割、立場は自らが選択をしているということを知っていただき、皆さんが今、これから一番納得のいく人生を選択するために、どうすれば良いのか一緒に考えていきます。

「こころ塾」
とは、日常のちょっとした悩み、気がかりをグループで話し合って共有し、サポーターが参加者の皆さんとともに出口を探します。勿論守秘義務もあり、お話するのもしないのも自由です。安心安全な雰囲気を作り出しているグループセッションです。

●日時 9月16日(日)13:00~16:00

●場所 毎日文化センター 
    毎日新聞ビル2F(大阪・西梅田)

●受講料  3,150円

●講師  マザーズサポーター協会認定
       ティーチャー10名
    http://supporter.web.infoseek.co.jp/
     
●お申し込み
 お問い合わせ  毎日文化センター


〒530-8251
大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル2F
TEL:06-6346-8700
FAX:06-6346-8703

Emeil: info@maibun.co.jp
URL: http://www.maibun.co.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ