2007年10月

前世の記憶 その?

フラワーエッセンスの講座でお友達になった、多原弓恵さんが、ヒプノセラピーを始めたので、早速受けに行って来ました。ヒプノセラピーとは、催眠療法によって、潜在意識とつながり、この世に生まれる以前の前世を見ることができるセラピーですにっこりそれによって今抱えている問題の気づきとなり、何かヒントがいただけるかもしれません。ちょっと怪しいですけどね宇宙人

最近では、テレビ番組で、前世療法で有名な「ワイス博士」の特集があり、だんだん知られるようになってきました。催眠と言っても、ちゃんと意識があり、潜在意識と行き来しやすくなっている状態ですまる

前世は、人によって、はっきり映像として見えなかったり、イメージのように浮かび上がったり、いろいろパターンがあるようです。私の場合は、少し暗いのですが、写真を写したように見えてきます。

ヒプノセラピーは、私のHPにリンクさせていただいている、尼崎の多田メンタルサポート・多田裕子さんに以前2回受けたことがあります。私はニューヨークビルのキャリアウーマン、100年以上前の旧家の奥様、ずーーーっと昔のアトランティス時代?の占い師など、数々の前世の記憶を辿りました天使

どの人生も私は精一杯生きていました拍手私が見た!と思った前世は真実かどうかは誰にもわかりません。ただ前世の人生と今の人生を重ね合わせた時、いろいろな気づきがあります。だから私にとって、前世が当たっているかどうかは、あまり関係ありません。今の人生をより良く生きるために、何かを学ぶためにヒプノセラピーがある。そんな感じで受けています。

たとえば、どこかの旧家の奥様晴れ着だった時は、使用人も家族もたくさんたくさんいて、常に働いていました。今のコタツ猫状態猫の何にもしない私とは正反対です。一人でホッとする間もなく、いつも時間に追われていました。死ぬまで・・・大家族に囲まれて賑やかな人生でしたが、誰かのためにひたすら奉仕する人生でもありました。

そんな前世から、私は何を学んだかと言うと・・・
な~~んだ!だから今私は、独身なんだ!ということ。あまりに忙し過ぎた人生だから、今度は死ぬほど自由がある一人だけの人生を選んだのだと思います。

心の片隅で、こんなに自由気ままに暮らしていていいのか?と、何となく不安や申し訳なさがありました困ったでも、そのことに気づいてから、すごく心が軽くなったのです。ゆっくり生きていいんだよ!嬉しくて、心が解放され、今やますます自由を謳歌しています。

不思議でした・・・あれ以来、楽にぬる~~~く生きています温泉
そして今回多原さんのセラピーを受けたら、また全然違う人生を味わうことができました。もちろん大きな気づきもありました。

この続きは、また次回に。
一度に書けたらいいのですが、じっくり書くタイプなので、なかなか筆?いやいや手が進みません。2本指タッチですし汗

それにしても、多田さんといい、多原さんといい、ヒプノセラピストの方はお美しい方が多いですね~お二人とも日本美人ですキラキラ

では、またダッシュ

●ヒプノセラピスト・多田裕子さんのHPです
多田メンタルサポート 
http://homepage2.nifty.com/tada-ms/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ヒプノセラピスト・多原弓恵さんのHPです
http://beauty.geocities.jp/bel_modo/index.htm

11月10日までなら、ヒプノセラピーが
1セッション(約3時間)が格安の8,000円で受けらます!
詳しくはHPをご覧下さいね♪

ガイアシンフォニー第六番 その?

e3ac937d.jpg

23日のガイアシンフォニーの続き・・・と言うか、ピアニストのケリー・ヨストのお話です。何だか、ケリー賛歌になってしまいましたけど、最後までお付き合いくださいね笑い

ケリーはアイダホの小さな田舎町に生まれました。今でも故郷の美しい自然の中で暮らしています。森の木々を吹き渡る風や光、季節の移り変わりを魂で感じながら生きています山

故郷を離れてのコンサートは一切せず、ご近所の子供や大人達にピアノ譜面を教えています。アイダホの自然保護についての活動もしています。その淡々とした信念の姿に、日常を大切に味わいながら、自分の足でしっかり生きているケリーを感じました足跡

どこにでもいるアメリカのごく普通のおばさまなのですが、笑顔はとても若々しく柔らかな印象です。

そのケリーが、乳がんを患っていることを静かに語る場面がありました。ガイアシンフォニー出演の依頼があった時、ちょうど手術と重なり、一番つらい時期だったそうです悲しい

「ほんとうにつらくて苦しい時期だったわ・・・それでも人生は続いていくのよ・・・もしかしたら、またいいことがあるかも知れないと思いながら生きていくのよ・・・」つらい思い出をかみ締めるように、そんな言葉が出てきました月

それでも人生は続いていく・・・そうですね!
どんなに毎日苦しくても、つらくても、悩んでいても、死にたくなっても、自分の思いにお構いなしに、夜が明ければ朝がやって来る。又1日が始まる。それは変わらない事実です。そうして人生は続いていくのです日の出

私はコーチングで、いろいろ悩んでいる人の話を聞く機会が多いのですが、以前はよく「何でもできるとしたら何をしたいですか?」こんな質問をしていました。もちろんその質問が効果的な場合もあると思います。

でも今は、「どんなにつらくても、それでも人生は続いていく」
ケリーの言葉をそのまま受け取りたい。「その現実の中でしっかり向き合いながら、どうなりたいのか?」その人の真実の願いを聞き取り、で、どうするか?を一緒に考えていきたいと思うのですまる

ケリーは結婚しているのか?どうかはわかりません。家族は登場しなかったので、もしかしたら独身かな?

どちらにしても、人生の先輩として、そうありたいと願う姿です。人としての美しさが滲み出ているケリー。その心の奥深くには、きっと様々な苦悩があったはずなのに、軽やかに、大地を踏みしめながら、しっかりと一歩ずつ歩いているケリー。凛とした強さと水の流れのようなしなやかさが魅力的なケリーハート

ケリー・ヨスト。私の心に深く刻まれた女性ですキラキラ

ケリーのCD!早く聞きたいな音符
ゆかりさん。お待ちしていまぁ~~す。





ガイアシンフォニー第六番 その?

ひっ~~~さしぶりに映画を見て来ました。
「地球交響曲・ガイアシンフォニー・第6番」です。

ご存知の方も多いと思いますが、ガイアシンフォニーは、ガイア。。。母なる地球星や私達人類に今何が大切なのかを解く、メッセージ性の強いドキュメンタリー映画です。

「今生きている我々ひとりひとりが、"心”にどんな未来を描くかに依って、現実の地球(ガイア)の未来が決まってくる」
うーーーん。なるほど。

ガイア・シンフォニーは一度見てみたい!と思いながら、なかなか見るチャンスがなかったのですが、この第6番のテーマ「全ての存在は響き合っている」に惹かれて、やっと実現しました。クリスタルボウルを愛する私にとって、人間も動物も山朝日も海も自然も、全てのものが響き合い共鳴する・・・そのメッセージにピンとくるものがありました電球

見終わったあとは、ただただ感動でしたクラッカー
私の思いや願いと重なるところが、いっぱいあったから!

この映画では「虚空の音」について、3人のメッセージが語られています。インドの有名なシタール奏者であるラビ・シャンカール、アメリカ・アイダホ生まれのピアニストのケリー・ヨスト、動物学者のロジャー・ペイン。

どの人の言葉にも、今まで生きて来た人生のそれぞれの重さを感じましたが、とりわけ素敵だったのが、無名のピアニスト、ケリー・ヨスト(67歳)です冠

彼女の紹介は、こう書かれています。

「有名になることも、喝采を浴びることも求めず、ただひたすらピアノの中から“光の音”を紡ぎだすことに全霊を捧げてきたケリーの生き方が、 そのまま、優しさと気品にあふれたピアノ音楽となって私達のものとに届けられる譜面

ケリーがピアノを弾く時は、余分なものを一切そぎ落とし、何もかも手放し、ただ純粋に音だけに集中し響かせていくそうです。ピアノのCDを出した時も、自分の名前も出さなくてもいい・・・そう思ったくらいと言っていました。

普通なら、「ケリー・ヨスト!のCDです!」と、自分の名前を出すのが当然で疑う余地もないことなのに・・・

自分が有名になることより、音楽に対して、ひたすら純粋であろうとするケリーに心を打たれました。音をシンプルにそのまま伝えたい。その思いだけを大切にしているケリー。私も本当に伝えたいことに、純粋に貪欲にひたむきでありたいと思いますラブ

あっ~~まだケリーの人生について、ぜひお話ししたいことがあるのですが、ちょっと書き疲れてきましたすいません読む方も長すぎると、疲れますよね~この続きは、また後ほどお楽しみに☆

そうそう、ガイアシンフォニーを見たいと思われた方へ。。。
実は、26日(金)までしか上映していません。
しかも朝10時20分~1回だけの上映です。
心斎橋のアメリカ村・ビッグステップにある「シネマート心斎橋」でやってます。

●シネマート心斎橋
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/index.html

●ガイアシンフォニー
http://www.gaiasymphony.com/index.shtml

ではでは、お休みなさいませ温泉

雲の物語

10月15日の雲・・・
ac6de0e3.jpg


10月16日の雲・・・
cbd59ea4.jpg


10月17日の雲・・・
52ceed43.jpg



私の密かな楽しみは丸秘空を見上げることです。
安上がりな趣味です。

秋が深まるに連れ、空がだんだん高くなっています。
ハッと息を呑むほど電球感動的な空。
曇っていて灰色の雲が垂れ込めた空。
すっきり晴れた日のスカイブルーの空。
どんな空であっても、自然が生み出すものは美しいキラキラ

思わずうっとり。。。
車を運転している時は危ないですね~~
気ぃ~つけよう困った

綿毛のような雲やスジ雲・・・秋の雲が多くなりました。
空の中に浮かぶ白い雲も刻々と変化していきます。
その一瞬、一瞬の動きに心が奪われる時がありますドキドキ大

風や気圧、天気や季節など気象状態によって
二度と全く同じ雲雲に巡り会うことはできません。
だからこそ、小さな雲の一つ一つがいとおしい。
もう一度出会いたいと願っても、永遠に叶わぬ夢だから・・・

人と人が出合うことも、雲のように偶然の積み重ねがもたらすものかも知れません。奇跡のような出会いを大切にしたいですねプレゼント

たそがれる背中 

今夜は冷えますなあ~~~
ついこの前まで、10月になっても暑い、暑いと言ってたのに太陽
我が家のニャンコ達は、私の膝の上に代わる代わる乗っております。
何たって暖かいコタツ代わりですもの炎

5debea4c.jpg

かかりつけの動物病院で、こんなワンちゃん犬に会いました。
名前はゆうちゃん。男の子。
きれいにブラッシングしてもらって、ミルク色の毛並みが美しい。
とっても大事にされていそうハート

そのせいか?大きな体しているのに、すっごい甘えん坊。
ひと時もお母さんのそばを離れない。
ちっちゃな子供みたい。。。

お母さんが、車の中に忘れ物をしたので取りに行きました。
「すぐ戻るから、待っててね」そう言われたのに
ゆうちゃんは、お母さんが出て行ったドアに走り寄り
心細いのか、じっーーーーと外を覗き込んでいました。

お母さんが戻るまで、ほんの2,3分の出来事。
でも、ゆうちゃんにとっては、お母さんを待つ時間が
何時間にも思えたことでしょう。

こんなにも慕ってくれて可愛いけれど、お母さんは大変だわ困った
少しは自立しておくれ!と、代わりに言いたくなりました音量

でもやっぱり、こんな後ろ姿を見ると甘くなってしまいますよね~
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ