リボンクリスマスが近づいて来ましたね!!!
先日、私のコーチ仲間の奥様であり、写真家☆ゆっこさんの素敵なクリスマス写真展を見てきました。京都・四条通り、SHIPS(メンズ)の2階にある「ギャラリーKURA」で開催されています。残念ながら、24日の17時までです。

もっと早くお知らせしたかったのですが、ブログをゆっくり書く時間が取れず、紹介が遅くなりました。ゆっこさん!ごめんなさいねすいません
ほんとうに素敵な感動に包まれた写真展でした鐘ちょっと意表をつかれましたけど!?

SHIPSのお店の奥にある小さなギャラリーでの写真展です。
可愛いクリスマスの雰囲気が、山小屋風のギャラリーを引き立たせています。
入り口の様子です。
2430ea29.jpg


4d8a6b90.jpg


ギャラリーの中も期待を裏切りません笑い
64d654c6.jpg


ところが、ところが、、、、入ってびっくり!!!
写真が1枚も展示されていないのです。あらーーー何ででしょう?
写真展のはずが・・・
あるのは、椅子とスクリーンだけ・・・
a61f6fd5.jpg


ゆっこさん。どうなってるのかしら?と思わず聞いてしまいました。
今回は「クリスマス絵本」と題して、ヨーロッパや北欧で撮影した、クリスマス風景をスライドショーでお届けします♪ということでした。
こちらが当のご本人ですクラッカー

4f748621.jpg


イギリスからやって来た天使天使です。
ドキッとするくらい!不思議と生きている気がしました。
ゆっこさんに撮ってもらいました。見る角度が違うわ。さすが!
0420d279.jpg


少しお話をしたあと、いよいよ真っ暗にして、スライドショーが始まりました。音楽が流れはじめ、クリスマスの飾りつけ風景や可愛いオーナメントたちの写真がメッセージと共に、1枚1枚映し出されていきます木

2,3枚見た瞬間から、なぜか胸が熱くなり、涙がふいにこぼれました。北欧の暗い夜に輝くクリスマスの明かりは、なつかしく素朴です。そしてどれも温かく優しいのです炎日本のクリスマスツリーはブルー系が多く美しいけれど、温かいとはあまり感じたことはありません。

イエローやオレンジの明かりがこれほど心を温かくさせるとは・・・感動でした。一人一人の心に灯火を灯していくような、じんわりと伝わるものがあります。勇気、愛、希望・・・を贈られ、心が深く波立ちました流れ星

ゆっこさんの伝えたい思いが言葉ではなく、直感でわかったような気がしました。そして、スライドショーを2度も見てしまいました。

映画「ペイフォワード」のように、人から受けた厚意を受けた相手に返すのではなく、まわりにいる別の人へと返していく・・・それをイメージして作ったそうです。

白夜の北欧に、ほんの数時間灯るクリスマスの明かりを見て、ゆっこさんは「人間の温かさを感じる」と話されていました。
私が涙したのも、人の温かさに触れた気がしたからでしょうラブ

ゆっこさんから手渡された暖炉のような温もり・・・
私も次の誰かに渡していきますねプレゼント

あと1日しかありませんが、クリスマスの温かい光を味わってみたい方は、ぜひ写真展を訪れてみてくださいね!


●ゆっこさんのブログで、詳しく写真展の様子が紹介されています
http://vividnews.at.webry.info/