素敵なカフェ

ちょっと豪華にフレンチ「シェ・ローズ」

今日、2回目の更新です。
さっきのショックから、立ち直らねば~

気を取り直して、話題を変えます
久しぶりに豪華なランチをいただきました。
神戸の北野ホテル。。。だったらいいんですけど。
北野ホテルのすぐ向かいにあるフレンチのお店「シェ・ローズ」に行って来ました。
IMG_4154s


20人も入れば満席になるこじんまりした店内です。
毎年、ランキングに掲載されている人気のお店。
遠くからの団体のお客様でいっぱいでした。
みんな同じような服装、同じような髪型のおばさまたちでした。
誰一人として目だったり、大声でしゃべる人もなく、その均一化された落ち着きはお見事でした。
一体、何の集まりだったのでしょうか?
気になります。
おばさまたちが一斉に帰ったあとのテーブルには、空のグラスが整然と並んでいました。
IMG_4152s


私もワインで乾杯
各テーブルに可愛い季節の花が飾られています。
IMG_4134s


最初にサラダが出てきました。
焼いた鱧と貝柱が隠れています。
ゴージャスです。
鱧は苦手なのですが、このサラダはおいしくいただきました。
IMG_4133s


ブロッコリーの冷製スープが出てきました。
IMG_4136s


メインディシュは、うずらのローストにしました。
じっと見ると、そのまま鳥の形になっているので、あまり深く考えずに楽しく味わいました
食べやすかったですよ~
シェ・ローズの味付けは濃くも、薄くもなく、私の舌にしっくり合います。
IMG_4144s


最後にデザートです。
バニラアイスクリームがついたクリームブリュレ。
甘さがしつこくなくて、口の中で、じわーっととろけていきました。
お皿が素敵でした。
友人はショコラの焼き菓子を食べましたが、チョコ好きにとっては最高の味わいだったそうです。
あんまり「おいしい~おいしい」と言うので、私も一口おすそわけしてもらいました。
大のチョコ好きではない私も大満足でした
IMG_4150s


シェ・ローズのオーナーシェフとマダムは、とても感じの良い方たちでした。
シェフの柔和な笑顔も忘れ難く、マダムのつかず、離れずの居心地の良い距離感も素敵です。
お料理も魅力的ですが、お二人のお人柄に惹かれて、何度も足を運ぶお客様が多いのでしょうね。
正統派のベーシックなフレンチです。
フランス料理店というと緊張しますが、ここにはほっとする温かさがあります。
変わらない安心感があります。
ここならきっとおいしいもの、期待を裏切らないものを出してくれるという信頼感があります。
最近、目先を変えた新しいお店がたくさんオープンしているけれど、自分たちのポリシーを持ち続けて、お客様に安心感を提供しているシェ・ローズのようなお店は、これからもずっと存在してほしいな~と思います
ポリシーは変えないけれど、陰ながら試行錯誤して、進化し続けているお店です。
私もリピーターさんに立候補します。




居心地の良いお店に必要なもの

久しぶりに仲良し3人組で、神戸・元町界隈を散策しました。
忙しい3人なので、予定を合わせるのが大変でしたが、やっと実現しました。

ランチは大丸神戸の7階にある「ゆとりの空間」でいただきました。
料理研究家の栗原はるみさんプロデュースのカフェです。
11時半にお店に行ったのに、すでに満席でした。
はやってますね~
明るい窓辺に面していて、女性一人でも入りやすい雰囲気です。
お客さんは女性ばっかりでした。

どのメニューも捨てがたく、さんざん迷って、春キャベツと豚肉の味噌炒めのランチにしました。
おいしいお味噌汁もついてました。
IMG_1585s


女子3人寄れば、次から次へと話が弾みます
面白い情報やお気に入りの本などの話で、大いに盛り上がりました。

その後、お目当てのカフェへ場所を移しました。
元町駅から、海岸通りに向かって広がる乙仲通りにあるカフェ「J'AIME」さんです。
午後の昼下がり、楽しそうにくつろぐ常連さんでにぎわっていました。
最近はおしゃれなカフェがはやってますが、昔から営業している老舗カフェには味わい深いものがありますね~
とてもなつかしい感じがしました。
ずっと昔、京都で学生生活を送っていたころ、こんな喫茶店によく行きました。
ふっと楽しかった学生時代を思い出しました。

きれいな珈琲カップでやって来た珈琲は程よい熱さ。
マスターが一つ、一つ丁寧に入れてくれたのでしょうね。
店内は窓辺に差す午後の光がまぶしくて、なんだか眠たくなってきました。
時間がゆっくり流れるカフェです。
IMG_1590s


乙仲通りはおしゃれで可愛い雑貨やさんや、セレクトショップがたくさんあります。
IMG_1592s


かなり古いビルが多く、こちらのビルも名前通り、浅からぬ歴史がありそうな~
IMG_1594s


このビルにも、雑貨屋さんの看板が出ていました。
IMG_1601s


看板に惹かれて、お店まで行ってみると、何やら不気味な雰囲気。
ドアの前ではドクロや怪しげなものがお出迎え。
あらら・・・
ドクロ好きな人のマニアックなお店かな。
お店にも入らず、慌てて階段を下りました。
そして、もう一度よーく看板を見ると、いましたよ!
ちっちゃなドクロの雪だるま。
早く気付けばよかった
IMG_1598s


古いビルには当然エレベーターがなく、よっこいしょと階段を上がることになります。
4階のお店まで上がると、こんな看板がありました。
お店のユーモアに心温まりました
IMG_1605s


雑貨屋さん巡りは面白いですね。
お店によって、まったく雰囲気が変わります。
ここ、お客さん来るのかな?売れてるのかな?と、こちらが心配してしまいそうになるお店や、ゆっくり見る気が起こらず一刻も早くお店を出たいと思ってしまったお店もありました。
逆に「うわーおしゃれ。センスがいいな~」と感激するお店もありました。

ぴか一のお薦めのお店clueto(クルート)はこちらのビルの2階にあります。
去年の夏、「ちちんぷいぷい」に出たお店だそうです。
さすが!一番輝いていてました。

ナチュラルな自然素材の服や、レースがついた可愛いバックや手作りの皮製品が素敵でした。
お店のレイアウトも洋服を引き立たせていて素敵!
商品の品ぞろえが豊富で、定員さんもいい感じでした。
IMG_1607s


最近、新しいお店に行く機会がなかったので、とても刺激的な1日でした。
雑貨屋さんもイロイロです。
気づいたことは。。。
すべてに言えることだと思いますが、自分がどんなお店を目指しているのか?
何をお客さんに提供したいのかで、どんなお店になるのかが決まるということです。
どれだけ自分が創り出したものを愛しているか?
それも大事ですね。
「ゆとりの空間」にしても、「J'AIME」にしても、「clueto」にしても、居心地の良いお店には、お店の隅々まで、オーナーさんやスタッフの方の細やかで温かな愛を感じました
私も自分自身に照らし合わせて、感慨深いものがありました。

久しぶりの友人たちとのおしゃべりも楽しかったです。
またぜひご一緒しましょうね!










幸せになれる「ろうそく夜」

久しぶりの「ろうそく夜」はやっぱり落ち着きます。
つい見逃してしまうような静かな住宅街にあります。
カフェと雑貨屋さんをやっています。
IMG_1453s


温かみのある白い壁が素敵ですね。
靴を脱いで上がります。
IMG_1468s


どこかレトロっぽい素朴な雰囲気。
IMG_1465s


スコーンと生姜のホットティーをいただきました。
さっくりしたスコーンは焼きたて!おいしい!
お薦めです。
生クリームやマーマーレードがついています。
IMG_1461s


窓辺から優しい光が差し込み、ゆったりした空間の中で、静かに時が過ぎていきます。
何もかもが柔らかいクリームのように溶け込んでいくようなひと時。
ほーっと深いため息が出てきます。
いつも忙しく働いている頭の中の時計をちょっと止めて、なんにもないエアーポケットに入りました。
窓から見える空や木を眺めながら、温かなティーを味わいます。
とても贅沢で豊かな時間です。
自分を感じる時間だったのかもしれません。
ささやかな楽しみ

ろうそく夜の奥様が書いているブログ「日々のかけら」が、また素敵なのです。
日々のことがさりげなく、自分の思いと共に書かれています。
家族と向き合い周りに流されない、日常にしっかり根を張って自然体の生き方、自分の好きなものに素直にこだわる暮らし。
ほんとうに丁寧に生きていらっしゃいます。
すごく愛想がいいとは言えないご夫婦だけれど、なぜか心惹かれるお二人です。

時々、華々しく活躍されている方々が羨ましくなってしまうことがありますが、お二人の姿を見ると、私は私のペースでいいのだと気づきます。
すごく有名にならなくても、収入がどんどん上がってお金持ちにならなくても、キラキラ華やかに輝いてたくさんの人を引き寄せなくても、今の自分に納得してたらいいよね~と思います。

何かに惑わされることなく、淡々と日常をこなし、ちゃんと地に足をつけて生きること。
今、そんな生き方が心に響きます

お二人はやっぱり仲良しさんでした。
ずっと楽しそうにおしゃべりしながら、お食事を作っていらっしゃいました。
「スコーン、おいしかったですよ~」と言ったら、ご主人が嬉しそうにはにかんだ笑顔を見せてくれました。
あったかい幸せをありがとうございました。
心が疲れた時、ふっと一呼吸入れて、自分を取り戻せる「ろうそく夜」
また伺いますね!
IMG_1455s







キッシュのステラマリス

元町駅から徒歩3分のキッシュ専門店「ステラマリス」さんに行って来ました
キッシュは大好きなのですが、別のお目当てがあって。。。
しぃかちゃんの作品展(点描画とチョークアート)が開催されているのです。
ちょうどランチ時だったので、ゆっくり見られなかったのが残念でした。
満席!しかも女性ばかり
人気のお店なのですね。
確かにキッシュ専門店って珍しい。
IMG_0964s


玄関にがいます。
IMG_0963s


しぃかちゃんの作品は白い壁に展示されていました。
私の好きな絵、飛行機に乗ってる小悪魔っぽいお目目をしたにゃんこの絵もありました。
お店のアットホームで温かい雰囲気と作品が自然になじんでいて、ずっと前から飾られているような感じがしました。
ポップなチョークアートは食べ物やさんによく似合います。

お手洗いの近くでは、紫のお洋服を着た魅力的なバニーちゃんに見つめられました。
バニーちゃんは初めて見たから、新作ですね
IMG_0962s


キッシュのランチです。
大人気メニューのぷりぷりエビとブロッコリーが入ってます。
柔らかめのキッシュ、おいしかった~
次回はきのことカマンベールチーズのキッシュに挑戦してみようっと
IMG_0953s


しぃかちゃんの作品をじっくり見たい方はランチ時をはずした方がいいですね。
おいしいキッシュと素敵な作品を楽しめるステラマリス。
キッシュの種類も豊富でした。
元町駅・東口の北側にお店がありますので、元町に来たついでにふらっと立ち寄れます。
お薦めで~~す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ~静香の点描画・チョーク展~

★開催日:2月1日~3月26日

★場所:キッシュ専門店ステラマリス
   
    兵庫県神戸市中央区北長狭通4-7-12 オーシャンズコート1階
    
    元町駅から徒歩3分。
    
    地図→http://www.hotpepper.jp/strJ000482967/map/#mapTop

★営業時間: 水曜日~土曜日9:00~18:30
       日曜日11:00~17:00

★定休日:月曜・火曜(祝日※土日は営業してます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あげはとピカソで豊かな1日

昨日は素敵な女性たちと3人で楽しい女子会を満喫
普通に暮らしていたら出会うはずのない不思議なつながりです
ご縁とは面白いですね~

トアロードの坂道を上がった所にある和み系の「あげは」でランチをしました。
IMG_9912


店内では、ほんとうにあげは蝶が飛んでいました。
IMG_9905


明るいテラス席もおすすめです。
IMG_9899


「日替わりお昼ごはん」を注文しました。
お米は玄米か、十穀米のどちらかを選べます。
サラダにはお豆さんが入ってました。
新鮮なお野菜たっぷりで、ヘルシィ~~
これで998円でございます。
嬉しい!
IMG_9911


揚げ豆腐としいたけがおいしかったです
IMG_9910


最近のできごとから、お仕事やプライベートの話で、お二人の話が盛り上がりすぎ、止まらなくなりそう
私もたまには突っ込みを入れて、笑いを取りましたけど~
ゆったりしたソファのおかげでしょうか。
とても和やかな時間を過ごすことができました。
このままここで話し込んでいても良かったのですが、本来の目的を忘れてはいけません。
ほんとは兵庫県立美術館に絵を見に行くためにお会いしたのでした

寒い海風が吹いてました。
駅から歩いて、10分ほど。
美術館に到着しました。
「ザ・コレクション ヴィンタートゥール」
スイスのヴァンタートゥール美術館からのコレクションです。
ゴッホやピカソ、ルソー、クレー、ジャコメッティ、ルドンなどヨーロッパの巨匠たちの90作品がすべて日本初公開!という奇跡の展覧会です
12月26日(日)まで開催中です。
IMG_9916


IMG_9921


平日のせいか?ほとんど年配の方ばかりで、けっこう混んでいました。
平均年齢高かったです。
最近どこへ行ってもお見かけするお元気な世代ですね。

目を見張るほどの大きな絵画はありませんでしたが、小さくても粒ぞろいの作品ばかりでした。
年代順に分かれていて、とても見やすく配置されていました。
ロダンの彫刻「グスタフ・マーラー」には圧倒されました。
顔だけの彫刻だったのですが、マーラーの苦悩や悲しみ。。。
人生の深みと厚みが表現されていて、まるで生きてそこに存在しているようでした。
その存在感にすごいパワーを感じました!

ピカソの海岸での男女が描かれた作品にも心惹かれました。
男の人の腕が天使の羽に見えてしまい、ほほえましい雰囲気がありました。
背景のピュアな白がとても印象的で心に残ります。

一つ一つの作品が発するすばらしいエネルギーに触れて、忘れていた感動を思い出すことができました。
無心になって、何かを見て、心だけでなく全身で受け止め感じること。
その感動を久々に味わいました。
最近、自分のために、純粋に自分が喜ぶことをするのを後回しにしていました。
映画や絵画を見るのは大好きだったのに、気がつけば、もう1年ほどご無沙汰です。
来年は、もう少し、こんな感動を大切にする心豊かな時間を取りたいと思いました。
絵画展に誘ってくださったお友達に感謝です
おいしいランチと楽しいおしゃべりと感動にあふれた素敵な女子会でした!






livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ